緒方 寿夫

前 慶應義塾大学 医学部 形成外科 准教授

経歴

1987年 慶應義塾大学医学部卒業
2005年 慶應義塾大学医学部形成外科専任講師
2007年 慶應義塾大学医学部形成外科准教授
    慶應義塾大学形成外科サイト

ドクターより

レーザーによる下まぶたの経結膜的脱脂術は、皮膚を切らない施術ですので術後の負担も少なく、より自然な仕上がりを期待していただけます。
結膜アプローチによる下眼瞼形成手術の学問的背景について

専門分野

  • 先天異常(口蓋裂)
  • 顎顔面外科(第一第二鰓弓症候群)
  • 頭頸部再建外科(上顎癌切除後再建)
  • レーザー治療(resurfacing)
  • 顔面外傷(頬骨骨折)
  • 美容外科(下眼瞼形成)

経結膜的下眼瞼形成手術についての著書

pdf (3.1MB)

pdf (3.1MB)

「下眼瞼形成術 結膜アプローチ」

緒方寿夫 中島龍夫
PEPARS (Perspective Essential Plastic Aesthetic Reconstructive Surgery) No.30
特集「顔のアンチエイジング美容外科手術」
2009年6月15日発行
 
 

pdf (604KB)

pdf (604KB)

第30回日本美容外科学会総会
第100回学術集会

下眼瞼形成術 私がいちばん多く用いる方法
連続した5症例
「炭酸ガスレーザーを用いた経結膜的下眼瞼形成術」
慶応義塾大学 医学部形成外科 緒方 寿夫
2007年10月
 

pdf (2.4MB)

pdf (2.4MB)

「経結膜アプローチとレーザーの組み合わせによる眼窩脂肪摘出」

緒方寿夫、中島龍夫
PEPARS (Perspective Essential Plastic Aesthetic Reconstructive Surgery) No.8増大号
特集「フェイスリフト実践マニュアル」
2006年3月15日発行
 
 

pdf (2.5MB)

pdf (2.5MB)

「下眼瞼形成術」

緒方寿夫
若返り美容医療の実際 久保田潤一郎編著P214-223
永井書店 2004年10月1日発行
 
 
 

掲載誌

pdf (1.1MB)

pdf (1.1MB)

Grazia 2008年9月号

「35歳からの美人道2008 
 若返り美容医療最先端レポート」
 ”アイバッグ”の自然な治療法として紹介